黒マフラー/ストールのおしゃれな合わせ方【海外スナップ11コーデ】

秋冬シーズン定番のファッション小物といえば「マフラー(ストール)」。その中でも「黒のマフラー」は使い勝手がよくどんなコーデとも相性が良いですよね。

しかし、定番アイテムゆえに周りの人と同じようなコーディネートになってしまう可能性もあります。せっかく時間をかけてコーデを考えたのに、服に興味のない人とも同じ見た目のファッションになってしまうのは何か嫌ですよね…。

そこで今回は黒マフラーでも同じ印象にならない秋冬コーデの着回しのコツを海外スナップ紹介!

また、ユニクロなどファストファッションで真似できるコーデに絞って紹介していきます。高いブランド物は買わなくて大丈夫です!(黒ストールはZARAがオススメ!詳しくは最後に紹介。)

http://go.zara/3aaiARW

この記事を読めば…
✔︎ ZARA 「ベーシックマフラー(黒)」
✔︎ 他ブランドや古着の「黒マフラー/ストール」

を着こなすコツが分かり、おしゃれなコーデを再現できます。

では、厳選した海外スナップ11コーデを用いて「これだけおさえておけば大丈夫!」といった着こなし5パターンを解説していきます!

黒マフラー/ストールの着こなし5パターン

「黒のロングコートでシックに。」

SNAP 01

まず最も分かりやすいのが「黒のロングコート」に合わせた着こなし!

マフラーと同色の黒コートと合わせることで、ストールとコートの境界線が曖昧となり、まるで一つのアウターのように馴染ませることができます。

これにより、誰でも簡単に違和感のない自然なおしゃれコーデを作ることができる初めに挑戦して欲しい組み合わせです。

SNAP 02

黒マフラー×黒ロングコートを合わせる上で、他に注意しておきたい着こなしのコツは「全身真っ黒にしないこと」。黒ばかりだと日常着としてはキメすぎな印象となってしまいます。

その点、SNAP01・02をみてみると、共に全てのアイテムを黒にするのではなく、白やネイビー・グレーなどの色を要所要所で取り入れていますよね。

✔︎コートのインナーを白にする
✔︎パンツをネイビーやグレーにする。
✔︎スニーカーで白を取り入れる。

などは簡単に真似できるので取り入れてみてください。

「グレーのロングコートで都会的に。」

SNAP 03

また、ロングコート自体をグレーにしておけば、その他のアイテムを黒にしてもキメすぎになることはありません。

サングラスやパンツ・シューズなど、多くのアイテムを黒で統一していますが自然で肩肘はらないおしゃれなコーデに仕上がっていますよね。

SNAP 04

グレーを基調としたワントーンコーデは全体的に明るい色となり、黒を基調としたコーデよりも重心が安定せず、まとまりのない印象になりがちです。

しかし、黒のマフラーと黒のバッグを取り入れることで、安定感のあるコーデを作ることができます。

グレーなどのワントーンコーデに挑戦してみたものの、なんかしっくりこない…。そんなときはまずは黒のマフラーを巻いてみてください。それだけでもバランスの取れたコーデに見せることができます。

「トレンチコートを黒で引き締める。」

SNAP 05

先ほどのSNAP04でも紹介した通り、明るい色のアイテムは黒などの暗い色のアイテムよりもバランスをとることが難しくなります。

つまり、グレーのワントーンに限らず、その他の明るい色にも黒のマフラーを使えば安定感のあるコーデに見せることができます。

こちらのスナップでも、ベージュを基調としたワントーンコーデに黒マフラーを巻くことでバランスの取れたコーデになっていますよね。

SNAP 06

全体的に明るい色を使ったペールトーン(薄い色)のコーデにも黒マフラーは最適!

SNAP 07

SNAP 08

ワントーンやペールトーンなどといった少し着こなしが難しいコーデを紹介しましたが、SNAP07や08のように下半身を黒で統一したり、全体的にダークトーンで統一したコーデにも黒マフラーは有効です!

これらのコーデに黒マフラーを巻くことで、コーデをより上品な印象にブラッシュアップすることができます。

「ライダースをフォマールに着こなす。」

SNAP 09

SNAP01〜08までロングコートを使った着こなしを紹介してきましたが、黒マフラーはロングコート意外に使ってはいけないというわけではありません。

着丈の短いアウターの中でも、特に黒マフラーと相性抜群なのが「ライダースジャケット」です。

黒マフラーを巻くことで、ライダース特有のハードで男臭いイメージを上品でかっこいい印象に変えてくれるのです。

SNAP 10

このスナップでは、ライダースだけでなく、シューズにもハードな革靴を合わせていますが、黒マフラーによってしっかりと洗練された上品な印象に仕上がっていますよね。

ぜひ、こういったアイテム単体だとハードな印象が強いものには黒マフラーを巻いてみてください!

「MA-1を大人っぽく見せる。」

SNAP 11

ハードな印象のライダースだけでなく、どこか野暮ったく見えがちなミリタリーとも相性抜群なのが黒マフラーです。

特にこういったカーキ色のMA-1は単体だと野暮ったくカジュアルに見えやすいアイテムですが、黒マフラーによってその野暮ったさが見事に払拭されていますよね。

ぜひ、なんか野暮ったくカジュアルな印象となってしまったときは仕上げに黒マフラーを巻いて上品に仕上げてみてください。

コスパ最強の黒マフラー/ストールはZARA!

http://go.zara/3aaiARW

こちらのブログでも何度も紹介しているいるのがこのザラの「ベーシックマフラー」。

市販されているマフラーやストールの中でも短く薄いものは、ボリュームが足りないため今回紹介したスナップのようにカッコよく見せることが難しいです。

しかし、このZARAのマフラーはちゃんと長さと厚みがある大判となっておりボリュームがあります、そのため巻くだけで今回のスナップのようにカッコいい印象を簡単に作ることができるのです。

着回し抜群な黒マフラー/ストールをおしゃれに着こなそう!

今回紹介した海外スナップの着こなしだけ覚えておけば、黒マフラー/ストールの基本的な着こなしはバッチリ。コーデを作るときに悩むこともなくなります!

ぜひこの記事を参考に着回しパターンを1つでも増やしてください。最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらもあわせてチェック☟

グレー大判ストールの秋冬コーデ10選&3千円のZARAがおすすめ!

Twitter(@shuto_pry)Instagram(@shuto_pry