【ユニクロUコーデ】黒だけでおしゃれになれるシルエット作りのコツ

「ユニクロ」とパリコレブランド”ルメール”のデザイナー「クリストフ・ルメール」のコラボラインである「ユニクロU2021年春夏コレクション」が2021年1月22日(金)からいよいよ販売されます。

出典:UNIQLO

パリコレのデザインがユニクロ価格で手に入るコスパ最高のユニクロUですが、そのデザイン性の高さゆえに上手く着こなさないと途端にダサく見えてしまいます…。

そこで本サイトでは、クリストフ・ルメール本人のブランド”ルメール(Lemaire)”を研究し、ユニクロU2021年春夏コレクションの着こなし解を完全予習!

第4回目は『オールブラックコーデをおしゃれに着こなすシルエットの作り方』を紹介!

パリコレ”ルメール”のルックを用いて着こなしのコツを解説していきます!

この記事を読めば「ユニクロU2021年春夏」と「+J」のアイテムでパリコレを再現することができます!!
・[ユニクロU]リラックスフィットテーラード ジャケット
・[ユニクロ+J]ソフトタッチタートルネックT
・[ユニクロU]レギュラーフィットテーパードパンツ

出典:UNIQLO

ぜひ「ユニクロU2021年春夏コレクション」の買い物や「オールブラックコーデを作るとき」の参考にしてください。

キメすぎないオールブラックコーデのシルエット作りテク

“ルメール 2020-21 秋冬 メンズコレクション”

出典:FASHIONSNAP.COM

アウター:ニットカーディガン(ブラック)
インナー:ロングシャツ(ブラック)
ボトムス:スラックス(ブラック)
シューズ:革靴(ブラウン)

コーデ自体に使われているアイテムをみると「カーディガン・シャツ・スラックス・革靴」と行ったように普段着というよりビジネス着のようなアイテムばかりですよね。

しかし、それでもビジネスではなく普段着としておしゃれなバランスに仕上がっているのは、全体的に「リラックスシルエット」になっているからです。

シルエットの作り方が上手なため、ビジネスっぽくならず、黒主体のコーデでもキメキメな印象になっていないのです。

では、こちらのパリコレルックで「キメすぎないオールブラックコーデのシルエット作りテク」を3ポイントに分けて解説していきます!

① 黒シャツはロング丈を選ぶ。

出典:FASHIONSNAP.COM

まず、上半身のシルエット作りからみていきましょう。

ジャストサイズで着用しているカーディガンに対し、インナーのシャツの着丈がかなり長くなっていることがわかります。

このようにシャツは「ロングシャツ」と呼ばれる着丈が長いアイテムを選びましょう!

カーディガンもシャツもジャストサイズで着用してしまうと、ただのビジネス着となってしまいます。

そこで、シャツの着丈を長くし、裾をタックアウトすることでルーズな印象となりビジネス感を払拭することができるのです。

また、シャツのボタンの留め方についても、上から二番目までをあけ、素肌を見せることでよりルーズな印象を演出しています。

ボタンは一番上まで止めない方が普段着感を出せるのでぜひ試してみてください。

② 素材に表情のあるニットを重ね着する。

出典:FASHIONSNAP.COM

オールブラックなど、ダークトーンばかりのコーディネートは各アイテムの境界線が曖昧になり、全体的にのっぺりとした地味な印象となってしまう危険性があります。

そこで、このルックのように素材に表情(ムラ)があるニットを羽織ることで、コーデに立体感が生まれ地味に見えないようにすることができます。

このルックのように、ツルッとした素材ではなく、表情(ムラ)や凹凸などがある素材のアイテムを上から羽織ることをオススメします!

③ パンツはルーズに履きこなす。

出典:FASHIONSNAP.COM

最後に下半身のシルエット作りについてチェックしていきましょう。

特に注目して欲しいのが、パンツ裾のクッションの付け方。

ビジネスにおいては裾にクッションをつけず、スッキリと見せることが好まれますが、今回のような普段着としてのオールブラックコーデでは少しクッションをつけてルーズに見せましょう!

クッションをつけることでルーズに見えるので、ビジネス感をより払拭することができます。

また、靴をみてみると黒ではなく茶色の革靴で色を取り入れていますよね。靴まで黒で統一してしまうとどうしてもビジネス感が強くなってしまうので、このように茶靴などにするのがいいでしょう。

また、茶色の革靴でなく、白スニーカーにするとより普段着としておしゃれに見せやすいです。ぜひ、試してみてください!

パリコレを再現!おすすめユニクロUアイテム

今回紹介したパリコレのコーデを再現できるユニクロアイテムをまとめておきます。高いハイブランドなしでも十分真似できる着こなしなので、ぜひ参考にしてみてください!

出典:UNIQLO

▼[ユニクロU]グランVネックカーディガン(長袖) ¥4,990
BLACK (筆者176cm65kgでL着用予定)
http://bit.ly/39C0rue

▼[ユニクロ+J]スーピマコットンオーバーサイズシャツ(長袖) ¥3,990
BLACK (筆者176cm65kgでL着用)
http://bit.ly/2NhW93T

▼[ユニクロU]リラックスフィットテーパードパンツ ¥3,990
BLACK (筆者176cm65kgで79着用予定)
http://bit.ly/3qu9Uuy

出典:GU

▼[GU]リアクティブスマートサイドゴアブーツ+X ¥3,990
DARK BROWN
http://bit.ly/2LxzuQx

合わせるシューズに関しては、ルックと同じようなサイドゴアブーツがGUで販売されています!まだブーツを持っていない方の入門編としては申し分ないレベルなので、ぜひチェックしてみてください。

オールブラックコーデはシルエットに気をつければ大丈夫!

さて今回は、パリコレ”ルメール”から学ぶ『オールブラックコーデをおしゃれに着こなすシルエットの作り方』を紹介してきました!

ユニクロU2021年春夏やユニクロのアイテムで再現できるので、ぜひこの記事を参考にアイテムを検討していただければ嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

着こなしポイント

① 黒シャツはロング丈を選ぶ。
② 素材に表情のあるニットを重ね着する。
③ パンツはルーズに履きこなす。

出典:FASHIONSNAP.COM

こちらもあわせてチェック☟

【ユニクロUコーデ】カーキ/ベージュのジャケット着こなしテク3選

【ユニクロU21春夏】色気のあるスウェットパンツコーデの作り方3選

<公式ツイッターはこちら>
”オススメのGU・ZARA”や”ワンポイント着こなしテク”など、最新のファッション情報を毎日発信中。いち早く情報をチェックしたい人はフォローお願いします!