着こなしが難しいトレンチコートをおしゃれに着こなすコーデテク4選!

皆さんはトレンチコートをお持ちですか?

馴染みのあるアイテムですが、意外と着こなしが難しいのがトレンチコート。大きな襟・ダブルボタン・ベルトといったフォーマルなイメージが強いため、何気なく合わせてしまうとビジネスウェアに見えてしまいます。

そこで、今回はトレンチコートの着崩しテクニックをケーススタディ!この記事を読んで街着としておしゃれに着こなしましょう!

トレンチコート着こなしテク4選!

https://ux.nu/TmIsq

とくに作為的にカッコつけた印象は受けないスナップですね。むしろ、自然体で無理をしていないのにカッコよくみえる素晴らしいバランス感の着こなしです。

では、どうやってそのバランス感を確立しているのか、4ポイントに分け、レベル順にチェックしていきましょう!

① 着丈の長いものを選ぶ。

先述してように、フォーマルな印象の強いトレンチコート。そのフォーマル感を程よく崩すのにオススメなのが”ルーズなサイズを選ぶ”ことです。

サイジングを緩くすることで、カッチリ感が薄まり街着としても違和感のないバランスになります。

逆に、着丈の短いジャストサイズを選ぶとどうしてもビジネス感が出てしまうので気を付けましょう。

② ワイドパンツで着崩す。

コート自体をルーズに着るだけでもいいのですが、ルーズなワイドパンツを使うとよりコートのカッチリ感が崩れ、リアルクローズとしてハマりやすくなります。

また、今回のスナップのように、ワイドパンツには少しボリュームのあるスニーカーを合わせた方がよりバランスが良く見えるのでお試しください!

③ ロングシャツをチラ見せ。

インナーを全てダークトーンで統一すると様になりやすいですが、どこかのっぺりと単調な印象になってしまいますよね。

そこで、とても役立つのが”白のロングシャツ”。
首と腰の辺りからシャツの白を少し見せるだけで単調なコーデにメリハリを与えることができます。

④ コートの襟を少し立てる。

トレンチコートもパンツもルーズなシルエットにしてしまうとだらしなく見えてしまう…。

そうなったときに使えるのが”コートの襟を少し立てる”ことです。
大きな襟が顔に近づくことによって、その対比で顔が小さくみえます。その結果、スタイルがよく見えるので、ルーズでだらしない印象を打ち消してくれるんです!

トレンチコートをおしゃれ着として着こなそう!

さて、ここまで4つのポイントをレベル順に確認してきましたが、もう一度、最後におさらいしましょう!

トレンチコートをおしゃれに着こなすコーデテク4選!

① 着丈の長いものを選ぶ。
② ワイドパンツで着崩す。
③ ロングシャツをチラ見せ。
④ コートの襟を少し立てる。

ぜひ、今回のポイントを参考にコーデを考えて頂けると嬉しいです^ ^

↓あわせて読みたい人気記事↓

<公式ツイッターはこちら>
”オススメのGU・ZARA”や”ワンポイント着こなしテク”など、最新のファッション情報を毎日発信中。いち早く情報をチェックしたい人はフォローお願いします!