服の歴史・デザインの文脈解説!スタジャンやMA-1を解説します。【12/5 21:00~入荷分】

みなさんこんにちは!PRY VINTAGE店長のゆうりです。

今回は『12/5 21:00』に入荷する『5個』のアイテムを紹介いたします!

実際のアイテムを例に、古着の歴史・デザインの文脈などを解説していきます!

「読むだけでオシャレに深みが出る」をテーマに結構気合い入れて書いています。
買わなくていいので是非読んでみてください笑!

▼PRY VINTAGE 公式オンラインストア
https://pryvintage.com/

また、販売開始1時間前の20:00からはYouTubeでLIVE配信しながら解説も!

▼LIVE 配信(11/28 20:00~)
https://youtu.be/1lKLUjE7CZU

1.Oversized Switching MA-1 / Black and Navy

オーバーサイズのMA-1。サイズ感をユニクロで例えると、着丈がXL、身幅・袖が3XLほどになります。

オシャレに着こなせるMA-1の特徴は「肩の落ち方」「身幅の広さ」「分厚い素材感」です。

MA-1はメンズだと大定番のアウターになりますので、ジャストサイズで着るとどうしても「街中でよく見かける感じ」になりやすい。

オーバーサイズで着用することによって、ラグジュアリーストリートっぽい印象により、グッとお洒落な着こなしになります。

また生地の厚みも重要。もともとMA-1は高度を飛行する爆撃機で着用するために作られたジャケットなため、分厚く防寒性の高いものが正当な文脈に則ったデザインになります。

そのため、生地が薄いMA-1は「ちょっと嘘っぽく・安っぽく」見えてしまう。UNIQLOだとココが難点ですね…最近は改善されていますがまだ薄くちょっとだけ嘘っぽい。

一方こちらはガッチリ分厚い生地のため、嘘っぽさがゼロ。

ボディは黒ですが、袖や裾のリブ部分はネイビーになっており、ちょうどオシャレに見える差別化されたデザインなのも魅力です。

2.Back Logo Stadium Jacket / Beige

正面のパッチや背面の刺繍など差別化効果抜群のデザインながら、色数は少なく大人っぽい印象のスタジアムジャケット。

スタジアムジャケットとはアメリカで使用された野球ユニフォーム。練習時など防寒用に使用されていました。

そのため背番号(背中じゃないですが)や所属チーム・大学名などがワッペンや刺繍などで表現されています。

古着でも定番ですが、いかんせん色数が多く子供っぽい印象になりやすいものが多いのが難点。とはいえシンプルすぎると「ユニクロでいいじゃん…」となってしまう、というジレンマがあります。

今回はそのジレンマの最適解をピック。バッチリ差別化できるデザインながら、全体の色はほぼベージュ・白の2色のみに抑えられており、大人っぽく着こなしていただけます。

普段オーバーサイズしか着用しない、という方。こういった短丈アウターはジャストフィットめで着るのも良いですよ。

ワイドパンツに合わせて上が細く下が太い”Aラインシルエット”を作る、という着こなしが個人的にはオススメです。

3.Switching Pattern Blouson / Black and Navy

切り替えのデザインが印象的なブルゾン。横の見頃や脇部分がニット生地に切り替えられております。腕など動く箇所を伸縮性にすぐれるニットにすることで動きやすくするためですね。

現代の大量生産の服だとまず不可能ですが、昔の服は1つの生産にものすごい時間をかけていたのでデザインのこだわりが異常です…。

そのこだわりが装飾となり、現行の服では再現することができない差別化された着こなしが可能に。1つにここまでこだわっている服を新品でゲットしようとするとデザイナーズブランド以上に手を出さなくてはならない…という所でビンテージの出番です。

切り替えは特徴的ですが、全体の色味は黒とネイビー。

どちらも暗い色なので、簡単に大人っぽい着こなしにしつつさらに差別化された着こなしをたのしんでいただけます。

4.Quilted Liner Jacket / Black

キルティング生地で差別化効果抜群でありながら、黒で大人っぽく着こなせるジャケット。コートなどの中に着込んでいただけやすいように、袖が細いものを選びました。

「トレンドを楽しみたいけど、一気に派手なのを取り入れるのは抵抗がある…」という方にピッタリなジャケットがこちらです。

今のトレンドはレザーやこちらのようなキルティングなど変化のある生地を好みます。GUでもレザーブルゾンが出て即完売していましたが、お洒落な人々の感性は完全に装飾を好んでいますね。

冬は一枚で着るというよりも、ロングコートの中に着込むのがオススメです。

カチッとしすぎてキメすぎになりすぎかな…という時はこちらを中に入れると、フードがコートから出てコーディネートを少しラフに普段着としてちょうど良いバランスにしてくれます。

5.”Extreme Fit” Broken Logo Pull-over

胸元に小さくロゴが入っていてさりげなく差別化できるプルオーバー。当店の定番、某海外デザイナーズのようなオーバーサイズ感が特徴の”Extreme Fit”シリーズになります。

こういったプルオーバーはスポーツ時に着用されるアイテムで、タフな化学繊維でできております。
古着でも定番となりますが、巷のアイテムは「安っぽい生地感」「カッコよく無いロゴ」「今っぽく見えないサイズ感」など難ありのアイテムが多いのも事実。そんな中、これはサイズ感・デザイン・生地感の全てを揃えた激レアなアイテム。

スポーツが文脈ということもありデザインとしてはカジュアル寄りになりますが、色が大人っぽい黒のため上品に着こなせるのも魅力。

普通のTシャツの代わりにコレを取り入れれば一気に上級者の着こなしが再現できるかと思います。

中にシャツを入れて、上にコートを着て「シャツ・コートの大人っぽさ」「プルオーバーのカジュアル感」をMIXする感じで着こなすとさらにオシャレに着こなせるかと!

12/5 21:00~新入荷!20時からはLIVE配信も!

今回紹介した5アイテムは12/5 21:00から、以下の販売サイトで購入していただけます。

▼PRY VINTAGE 公式オンラインストア
https://pryvintage.com/

また、販売開始1時間前の20:00からはYouTubeでLIVE配信しながら解説も!

▼LIVE 配信(11/28 20:00~)
https://youtu.be/1lKLUjE7CZU

身長176cmと165cmが着用しながら、写真だけでは伝わり切らない魅力をお伝えするのでぜひ遊びに来てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です